2月19日ぬり絵教室

月慧(てんのちえ)地蔵さまと澄心(ピュア)地蔵さま


今日のぬり絵は午前と午後の2回通しで、ぬり絵セラピストの松下智子さんと、月慧地蔵さまと澄心地蔵さまの二枚をしました。それぞれのお地蔵さまのメッセージを色に置き換えて伝えようとイメージしながら描きました。お月さまからの智慧をいただくお地蔵さま、両脇にいる二羽のうさぎもお地蔵さまにとっては良き相談相手です。私は色にはメッセージを伝えるエネルギーが込められていると思います。鉛筆のタッチにもエネルギーが感じられるようお月さまの周りの夜空も円を描くタッチで表現しました。お地蔵さまやうさぎの背景に生えている草も大地から伸びるエネルギーとして空に溶け込んで、さらには銀河のようになっていくエネルギーとして。お月さまからお地蔵さまの頭頂部へ紫(第七チャクラのカラー)色のエネルギーが降りていているイメージで、タッチを意識しながら描きました。澄心地蔵さまの絵には上へと伸びる色鉛筆のタッチで空を描きました。お地蔵さまの背中には羽根があります。空へ飛び立てるエネルギーがあります。むしろ空から引っ張られるように力が働き、体が浮き上がることのできるエネルギーがあることで、自分の力だけでなく、周りからエネルギーを与えてもらっているお地蔵さまとして描きました。鉛筆のタッチがエネルギーの方向なども表現として参考にしていただければと思います。


松下智子さんの作品は、しっかりと色に意味をもたせてメッセージ性も高く、とても素晴らしい仕上がりだと思います。月慧地蔵さまの袈裟衣の色・背景の草の色など、地面から色が輝いているようです。全体に紫系の色調で、お地蔵さまの衣装も美しい。色のエネルギーを強く感じる絵です。智子さんの会心の作でしょう。澄心地蔵さまも穏やかな青空と背景の緑の森、そして咲き誇る花々、絵に空気感を感じる作品です。お地蔵さまの袈裟衣の柔らかな表現もうまく色鉛筆のタッチで描いています。色を使いながら、白く感じさせるテクニックもあります。来月でぬり絵を始めて1年になります。智子さんの作品の上達ぶりには目を見張るものがあります。これから描く智子さんの作品がますます楽しみです。