10月22日ぬり絵教室

メニューは「チャクラのぬり絵」


由美子さんが今日下絵に選ばれたのは、「回天・龍青地蔵」(りゅうじょうじぞう)。慈贈カード元絵のお地蔵さまは、紺色の袈裟衣を着ていますが、このぬり絵のお地蔵さまの袈裟衣は由美子さんの服の色と同じ紫色に描かれています。紫色は精神性を高める色。感受性が強くなり、きっとご自分でも気づいていない新たなことへの意欲が出て来られているのではないでしょうか。その表れとして今日は台風が近づく雨の中、わざわざお越しいただきました。(今日は国政選挙の投票日でもありますが。)また、11月11日から開催する吾子アートギャラリーでの催しをご案内したところ、今度、お地蔵さまを陶芸で作る体験会(講師:中原みどり)もご予約していただき帰られました。多分、この袈裟衣の色は、由美子さんのそんなお気持ちの表れだったと、このブログを書きながら、色について私自身感じさせられています。


私が今日選んだ下絵は「安授・火生不動」(かしょうふどう)です。チャクラでの挑戦は2度目です。此処のところ不動明王に対して100分間向き合い、時間の不足感とやりたいことの調整は、計画性などというものがいかに邪魔なことかと感じています。今を真剣に生きることは無我夢中で目の前のことに向き合って答えを出していかないと、時間というものはあるようで、ないことに気づかされます。不動明王の体を焦がす炎は、不動明王の体内から表れたものです。強い思いの、熱い思いの表れだと思います。