10月13日ぬり絵教室

「火生不動(かしょうふどう)」を豊受けぬり絵で。


10月13日(金曜日)ぬり絵マスターの松下智子さんと長井志織さんのお二人にお越しいただき、100分にて、「火生不動」に挑戦しました。従来のお地蔵さまの下絵と違い、この絵は表現が細かく、時間が足らないようです。私は5日前にもこの火生不動を描きましたので、時間配分に予測が出来ました(かと言って時間が足りているわけではありません)が、志織さんは時間不足で、まだ白い箇所が見受けられました。時間があればもっと良い作品に仕上がっていたことでしょう。100分の時間が短かく感じます。大胆に少々細かいことは気にせず、仕上げていくスピード感も時には必要です。計画が先行してしまうとやり残しが出てしまう下絵の細かさです。

白・紫・緑・黄・橙・赤・茶・黒の8本で描く「豊受けのぬり絵」には青色がありません。元絵の不動明王は青色ですが、今回の不動明王をどんな色で仕上げるかも、各人違って面白い結果となりました。